任地事前訪問①単なる移動日、、のはずが、、まあ色々あったわけで(Day 27)

なますて!青年海外協力隊としてネパールで活動中のプラボードです!

日々の活動記録を中心に、ネパールのことや協力隊のことなどを書いています!

 

今日は配属先へのプレビジット(事前訪問)というとで、任地ベニへ!

ちなみに、スタッフが同行してくれるとかそんなことはなく、宿の用意と先方への説明は済ませてあるから、あとは己らで頑張れ!みたいなノリです。

まさにはじめてのおつかい状態。方向が同じ隊員と一緒にレッツゴー!

朝5時半ドミトリーを出て、カンティパスのバス乗り場へ。

 

途中、隊員のお昼ご飯であるバナナが猿に奪われるという事件発生。

こいつですこいつ。

IMG_9355.jpg

怪我が無くて何より。。

バグマティ橋にはこんなお猿さんたちがいて、通行人の手荷物を狙っています。ご注意を!

 ビニール袋に詰めてあったナッツは無事でした。

IMG_9387.jpg

 

朝7時、バス出発。

IMG_9388.jpg

こぎれいな内装で、乗車した瞬間何やら香水の香りも。事前にタイヤの具合もチェック済。ポカラ行きのバスは大体600Rpsですが、これなら問題なし。リピート確定。

IMG_9390.jpg

10時朝ご飯ですよ

ということで、バイキング形式でのご飯。

IMG_9401.jpg

どれだけ盛っても400Rps!これはお得!

、、いや、朝からそんなに食えねーよ、、ということで適量を。盛るだけ盛って同期隊員と分ければよかった、、と後から気づく。笑

IMG_9402.jpg
フライドライス、チョウミン、野菜炒め、ロティ、ジャガイモスープ盛り沢山。

ご飯はバターで炒めてあったのかほんのり甘く、好きな味でした。

こっち来てから甘いものがさらに好きになった気がする、、

 

 

12時半。お昼ご飯ですよー

IMG_9428.jpg

いや、さっき食ったばっかだし!無理!ということで冷たいジュースのみ購入。

 

実は、本日、カトマンズ近郊から初めて離れた日。いわゆるネパールの田舎に踏み入れた日なんですね!

バスから眺めての印象は、良き田舎って感じでしょうか。空気はきれいだし、田畑や山、川が流れ、牛が道路じゃなくて草むらにいる。昔の日本の農村地帯もきっと同じ感じだったと思います。うん、こういう場所がやっぱり好き。

IMG_9430.jpg

14時半ポカラ着!

とうとうネパール第2の都市ポカラに来たど!

しかし、我々にはさらに奥地の任地に向かう必要がある。タクシーのおっちゃんのしつこい勧誘・嘘にもめげず、利害関係のないカフェのオーナーに道を聞き、乗り継ぎ地点のバグルンバスパークまで向かう。

この時点で、同期隊員二人とはお別れ。

 

ちなみにネパールの道は峠が多くて、運転手は直線になるとここぞとばかりアクセル全開→カーブ手前で急ブレーキを繰り返すので、左右前後のGのかかり方が半端じゃありません。

あれ、ここ群馬の峠だっけ?イニシャルDじゃねーんだぞ!と。それを半日かけて体験したのですから、この時点でだいぶ疲れはたまっています。

ベニ行きのバスに乗車。峠道を走る中、土砂降りの雨が。窓から容赦なく浸水してきます。

IMG_9440.jpg

 

時刻は19時。ここで問題発生。なんとベニに行く人数が少ないからここでストップしまーすと。

え?ここで?まだあと1時間くらいある感じだけど?この暗闇の中?ちょっと待っておい!!と一瞬お先真っ暗になりかけましたが、

「こいつもベニまで行くから一緒に降りてくれ。この番号にかければベニ行きのバスに連絡が取れる。20Rpsはキャッシュバックするから。」

む、そこまでしてくれるなら仕方ない。。知らないネパール人と待つことに。

IMG_9449.jpg
千葉在住の友人に電話し始めるネパール人。この後電話してあげました。

30分後マイクロバスに乗車。せまい。

IMG_9450.jpg

バグルンからベニまでレッツゴー!

 

しかし、こんなに悪路だとは思いませんでした。まじでジェットコースター並みのGを味わいました。

ここは赤城か、秋名山。峠にこだまするエグゾーストノート。今日も走り屋の血が騒ぐ。。

なんてことぼーっと考えながら、ふと右を見ると隣のネパール人がビニール袋に顔突っ込んでました。そして、続けざまに左の男の子も。地元民でもこうなるのかよ。。

車酔いの我慢と無事たどり着けるのかという不安に苛まれながらも、何とか宿に到着したのは21時。予定とだいぶ違うがな!誰だよ18時着とか書いたの!翌日に続く!

広告

コメントを残す