ネパールに来て2か月。持ってきてよかった!と心から思う持ち物

なますて!青年海外協力隊としてネパールで活動中のプラボードです!

日々の活動記録を中心に、ネパールのことや協力隊のことなどを書いています!

 

協力隊員としてネパールに赴任し2か月が経過。

日本から持参してきたもので、心から持ってきてよかった、、!と思う持ち物をまとめてみました!

 

1 虫対策

日本と違い、住居の密閉性に難がある家がほとんど。おかげでゴキブリや蚊、ハエに悩まされてきました。そんなときに役立ったのはこれ!

・ゴキキャップ

部屋の隅に置いておくだけで、これを食べたGが脱水状態となり駆除できます。入居しばらくは朝起きたらひっくり返っているGを見るのが常でしたが、2週間くらいでまったく見なくなりました。効果抜群。

先輩はブラックキャップを使っていて、これもよく効くそうです。

 

・蚊帳

忌避成分があるものがおススメ。蚊やハエは全く侵入してきません。特に熱帯地方ではマラリア、デング熱、ジカ熱など、蚊が媒介する病気に注意が必要なことから、隊員はみなJICAから支給されています。また、裾をきちんとベッドの下に収めれば、Gも中に入ってこれません。精神的な安定作用もあり、僕はこれを「結界」と呼んでいます。笑

 

2 病気対策

・ビオフェルミン

海外に行けば誰しもが必ず一度は経験する腹痛・下痢。赴任直後の2週間くらいはずっとおなかの調子が悪かったです。また2回ほどひどい腹痛・下痢に悩まされました。そんな時に日本の薬はよく効いてくれました。大体1~2日で痛みはおさまります。旅行者必見。

ちなみに。下痢止めに正露丸持っていく人も多いと思いますが、飲んではいけません。下痢の時は出し切ることが大事です。正露丸で止めてしまっては治りませんので(JICAの研修で口酸っぱく言われました)。

・タイレノール

発熱は腹痛・下痢と並びよくある症状。ネパールに来てから一度、激しい悪寒に襲われ、その日の夜恐ろしい高熱が出たことがあります。あんな症状は人生で初めてで怯えました。その時タイレノールを飲み、熱を下げました。タイレノールは空腹時でも飲めるし、眠くなりにくいことが特徴です。JICAの研修でもおススメされました。

・日本の調味料(ほんだし、海苔、梅ゆかり等々)

ネパールの食べ物は美味しいのですが、味付けが辛くて毎日はつらいです。お腹を壊したときには何も食べられなかったですね。。そんなときに本当に助けられました。ほんだしを入れてご飯を炊くだけでカツオだしのいい香りが漂ってきて、食欲が一気に回復してきたのを覚えています。日本食最高。

ご飯にささっとかけるだけで美味しくいただけます。

・マスク

首都カトマンズに居る間限定。カトマンズの大気汚染は世界ワースト1です。PM2.5もかなりあります。マスクなしでは出歩けません。店に布製のもの(ネパール人が良くしている)もありますが、日本のきちんとしたマスクのほうがいいと思います。先輩の中には2重にしてる人もいました。

 

3 活動関係

・ノートパソコン

イマドキの協力隊活動にPCは必須です。レポート作成、活動資料作成、メール確認、ブログ更新、、、世界で仕事するには頼れる相棒が欲しいですよね。ちなみに僕がチョイスした機種はPanasonicのLet’s noteシリーズ。

耐久性は折り紙付き。最新機種はかなり小型・軽量化されていて、持ち運びも便利。僕が買ったRZシリーズはディスプレイを回転させればタブレット型にもなります。(現在、生産終了)

このシリーズは多少値は張りますが、任地で故障して修理に出すor買い替えるより、ずっと使い続けていける方を選びました。先輩の中には故障することを前提として安いものを2台買っている人もいますが、任地の事情や好みで選べばいいと思います。

 

・カメラ

日々の活動記録に必須。出会った人たちに写真を撮ってFacebookで送ってあげるのが日常ですね。喜ばれます。機種はその人の好みにもよりますが、僕の選んだのはこれ。

大のNikon党ということと、一眼でなるべく丈夫なものを、と考えて購入。防水・防塵・耐衝撃。結果、買って正解。ネパールに来てからわかったのですが、こっちの交通事情は来ていてよりも恐ろしく悪い。道がガタガタで車に乗っているとかなり激しく揺れるんです。精密機器をもって乗車するのは正直怖い。でも、これなら耐久力があるので安心してどこにでも持っていけます。頼れる相棒です。

 

・お気に入りの文房具(スケッチブック、多機能ボールペン)

正直ネパールの文房具のクオリティは高くないので、こだわる方はぜひお気に入りのものを。スケッチブックは、人に会ってネパール語で名前や電話番号を書いてもらったり、道を教えてもらったり、自分の考えを整理するのに使ったりしています。

 

・外泊用のバックパック

活動上、村に出向きそのまま外泊することが多いので持ってきてよかったと思いました。防水で小さめのバックパックに寝袋、着替え、手ぬぐい、洗面道具、水、懐中電灯を詰めて行けばたいてい何とかなります。

 

広告

コメントを残す