その名はマチョメ(Day 124 × २०७५ साउन १५)

なますて!青年海外協力隊としてネパールで活動中のプラボードです!

日々の活動記録を中心に、ネパールのことや協力隊のことなどを書いています!

 

Summary

前回の村訪問時に、今取り組んでいるトウモロコシ簡易脱穀機をお披露目しましたが

村でワークショップを行った!お礼に「ふしぎなくすり」を手に入れた!(Day 114× २०७५. साउन ५)

本格的な収穫期前に、トウモロコシのことを色々と調べようと思い、今回もぶらり村訪問してきました。

I went to Begakhola to research corn.  And I understood that it is so difficult to peal raw corn with corn sheller. Actually, it is easy to do it by hand than corn sheller. Corn sheller is suitable for pealing dried corn only. And the corn sheller I made was named as “Ma-Cho-Me(the initial of Makai Choraaune Mesin)” for short in Nepalese. I received many advices from Nissa(Peace Corps volunteer), my colleges and a young Nepalese. Thank you all!

म बेगखोलामा गएं। अनि काँचो मकै छोराउने बेला मकै छोराउने मेसिन्ले भन्दा हातले साजिलोसँग छोराउन सक्छ बन्ने कुरा मैले बुझें। सके मकै छोराउने मेसिन् सुकेको भए मिल्छ होला। अनि मैले बनाएको मकै छोराउने मेसिन् त ”मछोमे” बन्ने नाम भयो। यो “मकै छोराउने मेसिन्”को नामको प्रथम अक्षेर हो। सल्लाह दिएको निसा, मेरो जापानी साथी र जवान एक जना नेपाली केटीलाई धेरै धन्यवाद।

1 生トウモロコシを手で剥いてみる

さて、今回もベグコラ村に訪問。もうすっかり馴染みの村です。

Peace Corpsのニーサが住んでいる家にお邪魔し、いろいろ見させてもらうことに。

IMG_0747

IMG_0768
ネパリスタイルで石を運ぶニーサ
IMG_0786
じゃらじゃらトウモロコシ

どうやら、徐々にトウモロコシを収穫し、実を剥き始めている様子。

収穫したものは、①生のまま実を剥いて実を乾燥させる、②芯ごと乾燥させてから実を剥く、の2パターンで処理するようです。

もちろん、おやつとして、そのまま焼いて食べたりもします。

なぜこの2パターンなのか、なぜ茹でて食べないのか、いろいろと聞きそびれましたが、、

今の時期やっているのは、①の生のまま実を剥いて乾燥させる、の実を剥く作業。

あと、雨季の時期の晴れ間を狙ってトウモロコシを乾燥させる作業ですね。

実を剥くときは、親指や親指の付け根の腹の部分をうまく使って、ボリボリと剥いていくのですが、

これ、意外と楽しい。

没頭できちゃう。

簡易脱穀機も試してみましたが、生のトウモロコシを剥くにはあまり適していないこともわかりました。もともと、乾燥トウモロコシ向けと思ってはいましたが。

生トウモロコシに関しては指の方が効率良い。

結果。

IMG_0789

IMG_0803

IMG_0813

アクセサリーにもどうぞ!!

 

さておき、一日ひたすら手で剥き続け、2人で100個近く剥きました。

引き換えに、両手親指にマメが出来ましたが。痛い。。

それでも、村の人は上手いこと剥くんですね。

手の皮も厚いし。

沸騰したヤカンの蓋、火で炙ってるトウモロコシとか普通に素手で持つしね。

なんでしょう、動物としての強さで負けてる気がしました。笑

IMG_0778
少しはいいとこ見せたる!と石を運んでみる(一往復でダウン)。

 

2 簡易脱穀機の名前決定!

DSC_1130.JPG

仮置きでトウモロコシ簡易脱穀機を「マカイ チョラウネ メシン」と直訳して名前を付けていたところ、

ニーサから「もっとイカした名前ないの?」

と言われ、あれこれ考えてました。

先輩隊員からもアドバイス頂いたりしていましたが、候補としては以下の2つがありました。

・マッチョ=「カイ チョラウネ メシン」の略。先輩隊員より。

・マカイコ ダート=トウモロコシの歯という意味。ニーサの案。

この2つについて、ネパール人の意見を聞いてみることに。

IMG_0794
ケスータと言います。9月生まれのおとめ座です。新婚です。

結論として

「マカイコ ダートは無い。マッチョというなら、マチョメの方がいい。」

カイ チョラウネ シンのマチョメか。

なるほどね。。

 

、、、現代ネパール人の感覚を信じます!

「マチョメ मछोमे」に決定!

 

また、一応、簡易脱穀機のマニュアル(English, Nepalese)も作って来ました。

ので、ネイティブのお二人に添削を依頼。

IMG_0782

自分が気づかない間違いが結構あって、見せてよかったと一安心。。

 

———————————–

最近、撮った写真をプリントしてあげてます。

Facebookアカウント持ってる人は、データで送れるけど、

子どもとか年配の方は持ってない人がほとんどなので。

みんな喜んでくれるので、これからもやろうかな。

以下は超かわいい子供の写真。

気を付けの姿勢可愛すぎ
兄弟揃っては反則。
DSC_1177.JPG
天使か!

 

 

広告

2件のコメント

  1. […] ありがたいことにこのブログなどを読み、他の国の隊員からも導入したいといったお声がけを頂きました。こんな感じ(その名はマチョメ)でブログにも紹介して下さりました。いろんな方と意見交換しながら、道具自体の改良や普及方法を良くしていけたらと思います。 […]

コメントを残す