ネパール秘湯巡りの旅~アンナプルナエリア・7,000m級のニルギリを望む パウダワル~

なますて!青年海外協力隊としてネパールで活動中のプラボードです!

日々の活動記録を中心に、ネパールのことや協力隊のことなどを書いています!

 

ネパール温泉プロジェクト!

ネパール秘湯巡りの旅と題して、任地ミャグディの温泉を紹介しております。

 

任地ミャグディには10個以上もの温泉があり、多くは川沿いに位置しています。

その中では意外にも、温泉に浸かりながらヒマラヤを望める場所は、1か所のみ。

それがここ、パウダワルです!

 

パウダワル

DSC_2237.JPG

先に言っておきます。

この写真のちょうど真ん中

ニルギリがどどーんと見えるんです!

晴れていたら!

たまたま曇りの日にお邪魔してしまい、写真が取れなかったのが残念でした。。

 

さて、ここパウダワルは、ネパールでも1,2を争うほど有名なブルンタトパニという温泉のすぐにあります。

温泉略地図ミャグディ.PNG

アクセスは、ベニから車でベニージョムソンロードを北に2時間、その後徒歩30分ほど。地元の人やガイドに案内してもらう方が確実です。

DSC_2231.JPG
入口
DSC_2247.JPG
上からの眺め。浴槽が二つあり、交互に洗ってます。

DSC_2235.JPG

湯温はかなり熱め。

ほのかな硫黄の香りと塩分を感じるお湯。健康に良さそうな感じです。

DSC_2239.JPG

このお湯を飲みに来る人もいます。

DSC_2242.JPG
体を洗う場所

温泉組合がきちんんと機能していて、更衣室とトイレがあり、毎日お湯を入れ替え洗っています。

地元の人のほか、トレッカーの外国人も来るとか。

今回の訪問ではニルギリが見えなかったので、次回こそは、、!

広告

コメントを残す