ネパールの子どもたちのために~リコーダー授業2回目~

なますて!青年海外協力隊としてネパールで活動中のプラボードです! 日々の活動記録を中心に、ネパールのことや協力隊のことなどを書いています!

 

リコーダーで音楽を!

ネパールのとある学校にリコーダーが寄付されたとの情報をキャッチ。

リコーダー大好きマン私プラボードが、出張授業をやろうと立ち上がったのである!

 

第1回目の様子→ネパールの子供たちのために~リコーダーで音楽を!~

 

今回も同じスリ・サハラ・バル・セカンダリースクールにて。

 

授業までの待ち時間が少しあったので、2年生のクラスを覗いてみることに。

 

入室から2分後、こうなってました。

AD3B0CFB-7027-41FD-B85A-A4AA76BA3A13.jpg

おわかりになられるだろうか、はしゃぐ子どもたちによじ登られ、窒息寸前になっている様子が。。

 

 

ここの学校の子どもたちは少し特殊な事情があって、

親御さんがいなかったりだとかそういう家庭の子供たちがほとんど。

 

配属された隊員曰く「親がいないから寂しいのかも。」

 

そうだったのか、、

おれで良ければいくらでも体を貸すぜ、、

高い高~いやメリーゴーランド決めてやりました。

 

リコーダー授業始まる頃には汗だくになり、シャツはびろびろになりました。笑

 

リコーダー_190408_0015.jpg

 

リコーダー_190408_0055.jpg

今回は進級後の新クラスで実施。初めての子がほとんどだったので、

前回と同じくまずは触ってみるところからやりました。

 

今回のクラスですごいな、と思ったのは、クラスの女子3人くらいが

先生張りに木の棒振り回し、クラスを統率していたこと。

あ、ネパールの学校では、ぎゃーすか騒ぐ子どもたちには容赦なく木の棒が振りおろされるんです。机をバンバン叩いたり、寸止めしたり。そういうカルチャーですね。学校配属の隊員はこれに結構悩んでいるみたいですが。。

木の棒を使うことの賛否は置いておいて、自主的にクラス運営が出来ている様子に感動しました。

年上の女性のことや姉のことを「ディディ」というのですが、まさにそんな「ディディ」がいる感じ。

ちなみに3年生のクラス(日本の3年生とほぼ同じ)で。子ども扱いしたらいけませんね。

おかげで学級崩壊せずにできました!笑

 

 

リコーダー授業で盛りあがった後はレイクサイドで路上演奏!

S__33038350.jpg

ギターでスピッツを熱唱してました。笑

ネパールではこんな楽しみもあります。

日本では絶対にやろうと思わないのに、不思議ですね。笑

広告

コメントを残す