ネパールの子どものために~リコーダー授業3回目~

なますて!青年海外協力隊としてネパールで活動中のプラボードです!日々の活動記録を中心に、ネパールのことや協力隊のことなどを書いています~

リコーダーで音楽を!

ポカラにあるとある学校でリコーダーを教えています。

今回は3回目。

ネパールの子供たちのために~リコーダーで音楽を!~

ネパールの子どもたちのために~リコーダー授業2回目~

 

小さな進展が!

今回は、既に1、2回教えたことがあるクラスで実施。

同じように、ドレミファの音を教えるだけではつまらないので、少し工夫を。

既に「ソ」の音を出せる子に、まだできない子に教えてあげてと言いました。

 

出来る子ができない子に教えてあげる。

そして、できたらまた次にできない子に教えてあげる。

そうして、「教え合う循環」が生まれました。

これは嬉しい変化ですね。

 

ただ単に一方的に教えるのではなく、こうやって吹くんだというのを教え合うことで

教えた方は、自信にもなるし、より身に着く

教えられた方は、同じクラスの子ができたんだから自分もできる!とやる気を出す。

そんな良い循環が生まれるんじゃないかなと。

 

国際協力も同じだと思います。

頑張って移転した技術を、今度はどう広めていくのか。

今度は、地元の人同士で教え合う事が必要になってきますね。

自分一人で普及し続けるのは限界がありますから。。

 

そんな学びのあった今回の授業でした。

7月いっぱいまで学校は夏休み。そのあとどう展開させていくか、楽しみです。

 

リコーダー_190408_0049.jpg

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください