SABIHAAまとめ

1 SABIHAAとは

 地域開発を住民主体で計画を作り実践していくプロジェクト。1990年代にJICAが主導で導入し、現在はネパール政府が推進している。ネパール各地のSABIHAA推進のため派遣されたボランティアは多く(通称SABIHAA隊員)、自分もその一人。 

SABHAAプロジェクトとは

https://prabodh553592507.blog/2018/05/15/column-5xsabihaa%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a0%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/

2 ミャグディ郡の状況

 過去8年間、土壌保全事務所管轄の下で進められてきた。自分が派遣された時点では、4か所でプロジェクトが推進されており、残期間2~3年といった状況だった。

 

3 これまでの活動を振り返る

 4つの対象地を訪問し、まずは現況確認を実施。

SABIHAA対象地訪問

・オカルボット村 https://prabodh553592507.blog/2018/05/26/day-58xsabihaa%e5%af%be%e8%b1%a1%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e3%81%ae%e6%9d%91%e3%82%aa%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%9c%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%98%e5%88%9d%e8%a8%aa%e5%95%8f%ef%bc%81×2018-5-25/

・ドバ村 https://prabodh553592507.blog/2018/06/04/day-62x%e5%88%9d%e3%81%ae%e6%9d%91%e6%b3%8a%ef%bc%81sabihaa%e5%af%be%e8%b1%a1%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e3%83%89%e3%83%af%e6%9d%91%e3%81%b8%e3%80%82×2018-5-29/
・ベガコラ村 https://prabodh553592507.blog/2018/06/08/day-72x%e3%83%99%e3%82%b0%e3%82%b3%e3%83%a9%e6%9d%91%e5%88%9d%e8%a8%aa%e5%95%8f%e3%80%82%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88%e5%af%be%e8%b1%a13%e3%81%a4%e7%9b%ae%e3%81%ae/
・パカパニ村 https://prabodh553592507.blog/2018/06/19/day-82x%e3%83%91%e3%82%ab%e3%83%91%e3%83%8b%e6%9d%91%e3%81%b8%e3%80%82sabihaa%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88%e5%af%be%e8%b1%a14%e3%81%a4%e7%9b%ae%e3%81%ae%e6%9d%91%e3%80%82/

 その後、訪問村をベガコラ村に絞り集中的に活動。ネパールの村ではトウモロコシ生産が盛んなため、簡易脱穀機の導入を実施した。

トウモロコシ簡易脱穀機

・ワークショップhttps://prabodh553592507.blog/2018/07/22/%e6%9d%91%e3%81%a7%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%92%e8%a1%8c%e3%81%a3%e3%81%9f%ef%bc%81%e3%81%8a%e7%a4%bc%e3%81%ab%e3%80%8c%e3%81%b5%e3%81%97%e3%81%8e%e3%81%aa/

・脱穀機完成 https://prabodh553592507.blog/2018/08/01/1042/

・ 製作マニュアルhttps://prabodh553592507.blog/portfolio/%e3%83%88%e3%82%a6%e3%83%a2%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%b7%e7%b0%a1%e6%98%93%e8%84%b1%e7%a9%80%e6%a9%9f-corn-sheller-%e0%a4%ae%e0%a4%95%e0%a5%88-%e0%a4%9b%e0%a5%8b%e0%a4%b0%e0%a4%be%e0%a4%89%e0%a4%a8/

 活動4か月後にネパールの制度改革があり、郡が解体され州制度が導入された。その影響で2018年8月頃から一時期SABIHAA業務がストップ。

 その後新年度になり、郡土壌保全事務所(配属先)が解体。土壌保全系のオフィスはクスマの州事務所に移転。州オフィスがガンダキ州全体を統括することになった。

 それに伴い、SABIHAA予算は土壌保全事務所ではなく、村役場に直接降ろされることとなった。当然、村役場側ではSABIHAA業務のことは何も知らないため、予算が下りた後もSABIHAAは停滞し続けた。

その間、SABIHAA業務は手付かずだったものの、先輩隊員の提案で、12月5日の世界土壌デーに合わせ、学校での出前授業を企画。グルミ郡タムガスの学校にて、多職種の隊員の協力も頂きながら、授業を行った。

12月5日までの1か月間はFBでカウントダウン企画も実施。世界各国のJOCVの協力を得て、世界規模でのカウントダウンが実現。

 その後、2019年2~3月に、村役場を集めたSABIHAA説明会をネパール政府・JICA共同主催で開催。JOCVもプレゼンを実施。

 ミャグディ郡において予算が下りた村役場は、ドバ村とオカルボット村の2つに減り、かつ年度残期間も4か月という状況。SABIHAA業務未経験かつ、短期間での事業実施という厳しい状況になった。

 ここで、ミャグディ郡は、以前からSABIHAA対象地域に再び予算が下りることになったため、これまでのSABIHAA事業を踏襲することを決定。モチベーターもそのまま雇い、残期間の活動方針は従来通り、土壌保全系のインフラ整備とグループ活動を行うことになった。

 予算が下りたドバ村とオカルボット村については、3年間きちんとSABIHAA事業をやり遂げたということで、3年間の振り返りと来年度以降の活動継続是非を話し合う場を企画した。それが自己評価ミーティングである。残念ながら、オカルボット村のモチベーターとは企画について話し合うことができなかったため、ドバ村でまずは行うことにした。

・自己評価ミーティングの様子

https://prabodh553592507.blog/2019/08/20/sabihaa%e4%ba%8b%e6%a5%ad3%e5%b9%b4%e9%96%93%e3%81%ae%e9%9b%86%e5%a4%a7%e6%88%90%ef%bd%9e%e3%80%80%e8%87%aa%e5%b7%b1%e8%a9%95%e4%be%a1%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bd%9e/

 To be continued…

広告

コメントを残す